sitateru

導入事例

CASE

事例一覧へ戻る

ジル・サンダーでの経験を活かし、日本発のラグジュアリーブランドの確立に挑戦

HARUNOBU MURATA

HARUNOBUMURATAを運営するATRUM DESIGN代表/2010年渡伊。2012年秋冬ミラノコレクションにてデビューコレクションを発表。JOHN RICHMONDでのデザイナー勤務を経て2015年よりJIL SANDERデザイナー。2018年帰国し独立。

デザイナー
村田 晴信

課題

  • イタリアでキャリアを積み国内回帰して初めてのコレクションのため、国内でつながりのある工場背景に限りがあった
  • 生地を活かしたシンプルなデザインが多く、質の高い縫製を必要としていた

目的

  • ファーストコレクションの国内生産
  • シームテープ圧着加工や難度の高い素材の縫製

結果

  • 国内縫製ならではの緻密な仕上がりに満足
  • 圧着加工や特殊な素材も依頼できた

生産したアイテム

デニムパンツ、トレンチコート

シームテームや特殊な生地に対応ができる工場を探していた

しばらくイタリア・ミラノを拠点としていたため、実は日本の工場とのつながりはそう多くありませんでした。今回シームテープの圧着や、“カシミアデニム”という特殊な生地の縫製など、かなり技術を必要とするデザインもあったため、それを得意とする工場を探していました。またファーストコレクションなので、小ロットという制約もありました。

日本のブランド発信を高めるために、国内生産にこだわっていた

ミラノにいたときから日本の生地を使うこともあり、グローバルで見ても日本の技術力は高いと感じていました。ただ、日本は魅力的な生産背景があるにもかかわらず、ブランドとしての発信が全然できていません。だからこそ、日本発のラグジュアリーブランドを確立したいと考え、日本でのものづくりにこだわりたかったのです。

アイテムごとに、最適な工場で生産

やはり、日本の縫製は綺麗だなと改めて思いました。特殊な要件が必要なものも、「sitateru(シタテル)」でアイテムごとに最適な工場とマッチングしてくれました。例えば、“カシミアデニム”のアイテムは、カシミアという繊細で薄手の素材でありながら、デニムっぽくステッチが見える仕様にしたかったのですが、きちんとその要望を叶えてもらいました。

コンセプト
日本発のラグジュアリーブランド
生産したアイテム
ボンディングトレンチコート、カシミアデニムパンツ
対応メニュー
縫製(国内)、二次加工、仕上げ、検品