お知らせ

NEWS

新たな人材獲得の一環として、ユニフォームで表現する「働くウェア」の事例をご紹介

2021年6月17日

ハードな現場作業が多い業界において、作業服は安全面や機能性、快適さなどが最優先となりデザイン性は二の次になりがちです。

また、現場作業が多い業界においては、経済産業省の統計によると人材不足が深刻な業界のひとつでもあります。
デザイン性にも着目し、若手や女性採用など新たな人材獲得に繋げるため「既製品と差別化を図りたい」と
お声を多くいただいております。

こういった業界において、採用や社員のモチベーション向上に繋がった企業の事例をご紹介いたします。
 

⚫︎アンダーデザイン株式会社

ハードな作業現場のイメージを刷新、デザインにこだわったインフラ構築のためのワークウェア

https://sitateru.com/case/underdesign/ 


⚫︎株式会社アルサ

50周年を機に、グループは新たなステージへ。リブランディングを体現するアルサの新ユニフォーム

https://sitateru.com/case/ursa/ 


⚫︎福光屋

多様な人財が生み出す 老舗酒蔵のワークウエア

https://sitateru.com/case/fukumitsuya/ 


シタテルでは、事前アンケートや座談会などで社員や現場の声を多く集めてユニフォームに反映するなど、ブランドを作り上げるお手伝いをさせていただいております。オリジナルユニフォームに関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。