sitateru

お知らせ

NEWS

【洋菓子・ベーカリー】世界観を連想させるユニフォームによるブランディング戦略のご紹介

2020年12月11日

店内に入ると香りや、陳列された商品の彩り、味覚まで五感を楽しませてくれる要素が多い
洋菓子店やベーカリーショップ。

飲食業の中でも直接お客様と接する機会の多い業態だと言われています。
また、工房を併設する店舗では職人の作業工程などを直接、間近に見られる機会も増えてきました。

各企業はユニフォームを通して、ブランドイメージや商品の世界感をどのように体現されたのでしょうか?


【1】 素材と向き合う職人たちの思いが伝わるアトリエコート

https://sitateru.com/case/hioli/

【2】まるで実験室。五感で楽しむお菓子屋さんのラボラトリーウエア

https://sitateru.com/case/papabubble/

【3】 経年変化をも楽しむ!ベーカリー店のデニム地スタッフジャケット

https://sitateru.com/case/bread-it-be/

ユニフォームは直接お客様と接する機会の多い業態にとって、一番目に留まる企業のシンボル的存在になりうるアイテムです。
そこで今回は、各企業ユニフォームの課題をsitateruが衣服を活用した「衣服を通してブランディング」で解決した事例をご紹介します。

【飲食・小売店舗ユニフォーム事例集】





「なぜ今、ユニフォームが再注目されているのか。」
本資料では飲食業界のユニフォーム制作までに至るストーリーを掲載しております。