sitateru

導入事例

CASE

事例一覧へ戻る

お客様との距離を近くする名刺のようなコミュニケーションツール

西松建設株式会社

「ハレノテラス」 埼玉県さいたま市の北部に位置する商業施設。 「ひと」「まち」を繋ぐ生活提案型ショッピングセンター “住む”が愉しい街,“憩う”が愉しい街― をコンセプトに西松建設グループで企画から管理・運営まで携わっている。
hare-terra.com

ハレノテラス館長
倉持典子

課題

  • ハレノテラスのスタッフと認知されにくい
  • カタログから選ぶユニフォームは、デザインの自由度が低い

目的

  • 新商業施設でのスタッフユニフォームを作成
  • 地域に密着した商業施設をつくりたい

結果

  • 思い通りの色、形でブランディングされたスタッフコートが作れた
  • ひと目でハレノテラスのスタッフと分かるようなり、お客様から声をかけられるようになった

生産したアイテム

スタッフコート



お客様との距離をより近くしたい

ハレノテラスは、埼玉県さいたま市の北部に位置する商業施設です。「ひと」「まち」を繋ぐ生活提案型ショッピングセンター “住む”が愉しい街,“憩う”が愉しい街― をコンセプトに西松建設グループで企画から管理・運営まで携わっています。

建設会社という背景から、今まではスタッフが作業着を着てハレノテラスの管理などをしていましたが、お客様にハレノテラスのスタッフと分かってもらえず、お客様から声をかけれることはほとんどありませんでした。地域に密着した商業施設として、よりお客様との距離が近くなる方法を探していました。

自由度の高いユニフォームづくり

当初はカタログで探していましたが、やはりデザインの自由度が低く、納得のいくユニフォームが作れないと判断し、イチからオリジナルで作れる「sitateru(シタテル)」に依頼をしました。

コンセプトからつくりあげたユニフォーム

ハレノテラスでは、コンセプト作りをイチからこだわって作り上げてきました。ユニフォームは通常カタログ品が多く、コンセプトから作ることは少ないのですが、「sitateru(シタテル)」でのユニフォーム作りはコンセプトから作り上げるプロセスはとても新鮮でした。

最初にユニフォームのコンセプトを決定し、その後はこちらの要望にあわせて生地やカラーなどを丁寧に提案していただき、結果的に満足のいくスタッフコートが完成しました。

スタッフコートがお客様とのコミュニケーションツールに

ハレノテラスのブランディングに確実に繋がり、認知度があがりました。今まで作業着を着ていたのですが、今回「sitateru(シタテル)」で作っていただいたユニフォームを着ているとお客様からも声をかけていただけたり、テナント様もすぐにハレノテラスのスタッフだと分かってもらうことができました。

お客様との距離が近くなり今では名刺のようなコミュニケーションツールになっています。

コンセプト
お客様とスタッフをつなげるユニフォーム
生産したアイテム
スタッフコート
対応メニュー
デザイン提案、パターン作成、生地手配、縫製、二次加工、仕上げ、検品