お知らせ

【プレスリリース】「sitateru CLOUD」の生地附属デジタル管理購入機能で、新たに渡辺矢と連携開始 〜中小ブランドも大手メーカーの生地購入が可能に〜

衣服・ライフスタイル産業の社会課題解決に取り組むシタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:河野秀和、以下シタテル)は、衣服・ライフスタイル産業のサプライチェーンを変革する「sitateru CLOUD」の「生地・附属デジタル管理購入機能」において、幅広い生地の卸を行う渡辺矢株式会社(本社:大阪府大阪市、代表者:渡辺正、以下渡辺矢)と新たに取引先として連携を開始したことをお知らせいたします。

■連携の背景

これまで衣服・ライフスタイル業界では製品をつくる際に、中小ブランドは与信の問題等で大手生地・付属品メーカーと契約を結ぶことが難しく、制作で利用できる生地や付属品の種類が限定されていました。

そこでシタテルは、業界が抱えるこのような課題を解決するため、「sitateru CLOUD 」内に「生地・附属デジタル管理購入機能」を開発し、中小ブランドも大手メーカーの様々な生地や附属品を「sitateru CLOUD 」上で必要な量を購入することが可能になりました。

■渡辺矢について

渡辺矢は1927年に創業され、今年で95年を迎えるテキスタイルの卸・販売を専門とする商社です。時代の変化に順応し、取引先企業の要望に応えて提供するために、北陸のレース、岡山のデニム、尾州のウール、和歌山のカットソー、西脇・新潟の先染めといった、全国の有名産地の生地を中心にあらゆる生地を取り扱いしています。

また、スタイレム瀧定大阪株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:瀧隆太)が出資しているテキスタイル専門商社として、幅広いジャンルを取り揃え「テキスタイルの百貨店」と称されるほどの業界トップの品揃えを誇ります。