お知らせ

NEWS

「sitateru CLOUD販売支援」でD2Cアプローチを支援、低身長女性向けのデニムボトムの制作から販売・物流までをワンストップで提供

2021年6月4日

~小規模ブランドが抱える課題を解決し、こだわりのものづくりをサポート~
 
衣服・ライフスタイル産業が抱える社会的課題をクラウドサービス「sitateru CLOUD」で解決するシタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:河野秀和、以下シタテル)は、ファッションを中心に企業や個人とコラボレーションビジネスを展開する株式会社With Mii(以下With Mii)のアパレルブランド「Vivant」において、低身長女性向けのデニムボトムの制作から販売・物流まで、在庫リスクゼロの製販一体型ECパッケージ「sitateru CLOUD販売支援」を通じてワンストップで支援いたしました。

▼本件の事例インタビューはこちら

『こだわりを反映した満足いく「ものづくり」に加えて、在庫リスクのない販売までサポートしてもらえました』
https://sitateru.com/case/withmii/
 

■「sitateru CLOUD販売支援」導入の背景

With Miiは、2018年に代表である萩原舞氏が姉と起業し、個人・法人を問わず新しい商品を共に作り上げることをコンセプトとした会社です。二人の独自の感性を通して、ファッションや美容、健康を中心としたモノやサービスをSNSメディアで情報発信をしながら販売しています。
With Miiは「BITM」と「Vivant」の2ブランドを立ち上げており、これまではイベントを通じてアパレル商品を販売する機会も多くありましたが、コロナ禍においてイベント販売を行うことが難しくなり、販売手法をECへ移していく必要性がありました。
また、With Miiでは社内にデザイナーや営業、衣服の生産などのリソースを保有していないため、商品を作り上げるには、外部の企業と連携する必要がありました。特にアパレル商品に関しては、デザインイメージや企画はありながらもそれらを実際の商品にするためには、生産工場とのネットワークだけでなくデザインをパターンにおこすなど、アパレル業務の専門的な知識や経験が必要となります。
さらに、販売や物流など、実際にお客様に商品を買っていただき、お届けするというところまですべてを自社で完結させるには人手がかかること、そして小規模ブランドならではの在庫リスクの悩みは課題となっていました。
 

■「低身長女性向けのデニムボトム」の企画から製造・販売・物流までを「sitateru CLOUD販売支援」でサポート

今回、With Miiのアパレルブランド「Vivant」においては、「低身長の女性向けデニムボトム」を企画。企画・デザインの決定後は、在庫リスクゼロの製販一体型ECパッケージ「sitateru CLOUD販売支援」を導入し、生産の進捗管理やECサイトでの販売、物流関連までをワンストップで支援しました。デニムはデザインや生産が難しい素材ということもあり、これまで商品化を敬遠していましたが、「sitateru CLOUD販売支援」を通じてシタテルが提携する国内の技術力があるデニム工場を紹介し、生産が実現しました。
ECサイトでの販売においては、「sitateru CLOUD販売支援」の特徴でもある受注生産型の仕組みを通じて、在庫を抱えるリスクなく生産から販売を行うことが可能となり、小規模ブランドならではの課題を解決しています。

また、オリジナルデニムの制作にあたり、低身長女子の共通の悩みである「裾の長さ」と「ウエストサイズのバランス」にこだわって制作しました。ファーストサンプルが上がってきた際には、SNS上で募集し、試着会を実施。お客様とのインタラクティブなやり取りの中から様々な課題を発掘し、デニム制作に活かしました。他にも、脚長効果としてセンタースリットを入れることやポケットのサイズや位置を細かく調整するなど、細部にまでこだわった商品を制作しています。

今後もシタテルでは、「sitateru CLOUD 販売支援」で衣服生産や販売に必要なリソースをワンストップで提供し、「衣服づくり」という創造的な行為のオープン化を目指してまいります。また、受注生産型のサステナブルな仕組みを通じ、新たな衣服・ライフスタイル産業の未来を築いてまいります。
 

▼本件の事例インタビューはこちら

『こだわりを反映した満足いく「ものづくり」に加えて、在庫リスクのない販売までサポートしてもらえました』
https://sitateru.com/case/withmii/