HOME > sitateru magazine > 一風堂
PROJECT

お店は”舞台”。ワークウエアは”舞台衣装”。博多ラーメン「一風堂」が「メ イドイン福岡」でユニフォームを仕立てた理由

Voice ippudo5

「一風堂」とその発祥の地「博多・福岡」への愛情と熱意

2015年秋のある日、シタテルの熊本本社に飛び込みの来客が。ご来社いただいたのは、なんと博多ラーメンの代表 格「一風堂」の企画担当・原さん。彼は、一風堂とその創業地・福岡への想いを、熱く語った。誕生30周年を記念 して、福岡地域の素材や作り手とコラボレーションした、ユニフォームを作りたい。デザインのラフ画を見せなが ら「とにかく実現したいんです!」と話す島津さんに、シタテルの担当者も次第に熱くなり、共同での”MADE IN FUKUOKAプロジェクト”が始動した。

Voice ippudo7

ALL MADE IN FUKUOKA たくさんの人の手をかけて創るユニフォーム

ラフデザインの状態から、実際に服を量産するまでには、たくさんの過程がある。パターン製作、生地選定、資材 の手配、サンプル製作・修正、プリント、刺繍・・・多くの人達と「共創」することが必要だ。まず初めに行った のは、福岡のファッション学校「大村美容ファッション専門学校」。福岡をホームタウンとして育っていくデザイ ナーの卵である学生たちに、一風堂の歴史とこだわりを語った上で、デザインコンペへの募集をかけた。すると、 なんと170ものデザイン案が集まった。
「正直驚きました。学生さんも博多ラーメン店ということで、親近感を持っていてくださったのかもしれません」 そこから、お店の全スタッフの投票で、1年生のmomoko fukunagaさんのデザインが選ばれた。地元福岡が誇る伝 統素材、「久留米絣」を随所に使った、ジャパニーズクールなイメージ。帽子はハットで、これまでの”ラーメン屋” の固定概念を払拭するようなお洒落さを盛り込んだ。

Voice ippudo8

「一風堂の「男性的なカッコよさ」からスーツとハットをイメージし、ウッディなインテリアの 大名店にフィット する色づかいや、襟やハットの形状などのディテール、ワークウェアとしての 動きやすさにこだわり、今までのラー メン店では見たことのない、男女に似合うカッコよくて 動きやすいデザインをめざしました」(momoko fukunaga さん)

かっこよさも動きやすさも、どちらも叶えるためのディティール

デザインが決まれば、次は生地選び。momoko fukunaga さんと、創業 117 年の久留米絣の織元「野村織物」を訪 問し、100以上の絣柄の中から”伝統的な柄”と”革新的な柄” の2 種類を選定した。 ボディには、デニムのような風 合いを持ちながら、吸湿性などの機能を持つ最新のハイテク素材を合わせた。

Voice ippudo9

二次元のデザインを3Dにする為には、服の設計図となる「パターン」に落とし込み、「トアル」という仮布でのイ メージの立体化を行う必要がある。CAD(※1)を使い、デザインを最大限させることなく、動きやすさを重視したフォ ルムにしていった。現場スタッフへ、どういった動きやシチュエーションがあるのか、どういった機能が欲しいか を詳細にインタビュー。「動きやすさ」「通気性」「精悍に見える生地の張り」「撥水」「吸湿性」「耐久性」「着 心地」といった要件定義をし、それをクリアする服の形を決めていった。

Voice ippudo6

今回は、縫製工場も地元福岡の久留米市に依頼。久留米絣の扱いに慣れた工場にこだわった。耐久性をあげる為に 襟を中心に力芯などで補強し、タフな縫製を施しつつも、ストレッチ生地で立体的な動きに対応出来るつくりにし た。袖には、腕まくりの自由度を出す為にスリットを入れ、折っても絣が演出できるように裏地にも絣を施した。

店はスタッフがお客様へ感謝の気持ちを届ける”舞台”。そこに舞台衣装としての「服の力」が必要だった

出来上がった「MADE IN FUKUOKA」ワークウエアは、袖を通したスタッフひとりひとりに「一風堂」と「地元・ 福岡」への誇りを自負させただろう。最初から、原さんの狙いのひとつはそこにあった。
「一風堂には『店は舞台』という言葉があります。働くスタッフが一人のお客様に一杯のラーメンで「ありがとう」 を表現する『舞台』…」(力の源カンパニー プレスリリースより抜粋)
つまり、スタッフは”舞台俳優”、ワークウエアは”舞台衣装”。地元への感謝と敬意込めてつくった服だからこそ、 着た瞬間、自然と気持ちがスイッチする。お客様へ「ありがとう」を届ける心意気になる。服にはそんな力がある。

Voice ippudo4

1985年、30年前福岡で生まれた一風堂。今や、海外でも長蛇の列が途絶えない大人気のラーメン店だ。今後も世界 中のたくさんの人へ、おいしい博多ラーメンと感謝の気持ちを届けていくのだろう。その舞台に立つ、スタッフひ とりひとりの自負とモチベーションを大切にするという企業スタンス。そこに、力の源ホールディングスの事業が 世界中の人に支持される秘密が隠されていると言っても過言ではない。

株式会社力の源ホールディングス
ラーメン専門店「一風堂」やデリスタイルのアメリカンチャイニーズ「PANDA EXPRESS」等、飲食店舗の運 営、ベーカリー事業、店舗運営や商品開発に関するコンサルティング・研修、製麺など食品工場の運営、農業生 産法人による農作物の生産、子どもたちに食の楽しさを伝える粉食体験型施設運営など、食全般にまつわる事業 を行う。

代表者:代表取締役社長 清宮 俊
本社所在地:福岡県福岡市中央区薬院1-10-1
URL :http://www.chikaranomoto.com/

RECOMMEND