お役立ち資料・イベント

コロナ禍のブランディング・販促Case Study

コロナ禍において、従来の手法やオフラインでの集客に限界を感じ、方針を大きく転換した企業も多いかと思います。

新型コロナウイルスのワクチン普及に伴い少しづつ希望が見えてきましたが、今後も先行きが見えないなか、リアル店舗では、顧客とどのようにコミュニケーションを取っていけばよいのでしょうか。

本セミナー資料では、長年に渡る三越伊勢丹の広告制作のノウハウを活かし、様々な企業のリブランディングや販促をサポートしてきた株式会社スタヂオ・ユニの執行役員 / クリエイティブディレクター 樋口氏をお招きし、集客を上げるためのブランディングにまつわるプロモーションのポイントやコロナ禍での販売促進事例などをご紹介いただきます。

この資料でわかること

  • コロナ禍における市況感の変化
  • ブランディング推進のポイント
  • コロナ禍におけるブランディング販促事例